TOP

長崎の風俗事情を体験談で学びましょう。

長崎風俗で自分の願望を叶えた男

俺は女の子の尻の穴を嗅ぐのが好きだ。言わなくてもわかると思うけど、今まで誰からも理解されたことがない。彼女ができた時も土下座して「尻の穴を嗅がせてくれ!!」とお願いしたけど「キモい」と一掃された。友人にこの性癖を話しても「いやそれは無いわ」と引かれた。理解してくれなくてもいいけど、否定はしないでほしかった。こんな性癖の俺を受け入れてくれる女の子はアレだ、風俗嬢くらいなんじゃないか?と思い、最近風俗を利用するようになった。幸い地元の長崎は派遣型の風俗が発展している。俺は【長崎|風俗じゃぱん】で検索したお店でいかにも優しそうな女の子を指名した。この子なら、きっと俺の性癖を受け入れてくれるはず……。そんな俺の願いは通じたのだ。俺が女の子に遠慮がちに「あの、お尻の穴嗅がせてもらってもいい……?」と聞くと、女の子は意外にもあっさい「いいですよ!」と言ってくれたのだ。俺は女の子の尻の穴を思う存分嗅いだ。こんなに満たされた気分になるのはいつぶりだろうか……。最高のひとときとなった。

長崎の魅力と言えば風俗でしょう

長崎の魅力と言えば何かな?グルメかな?観光かな?確かにそれもそうなんだけど、僕は長崎の最大の魅力は風俗だと思うんだよね。長崎には素人系、巨乳系、痴女系、熟女系……色んなコンセプトのお店がいっぱい揃っているんだ。僕はそんな長崎の風俗に魅せられて、月に1回は長崎デリヘルで必ず遊んでいるよ。この前も可愛い素人系の女の子と遊んじゃった。素人っていうくらいだから、あんまりプレイに慣れていないんだよね。だから僕がリードしてあげたんだ。エッチの時に女の子をリードできると、男としては心が満たされるよね。前半は完全に僕がリードしていたんだけど、女の子が途中から「私も頑張ります……!」と言ってくれて、攻守逆転。女の子は拙いフェラで一生懸命僕のことを気持ちよくしようとしてくれたんだ。ぶっちゃけそのフェラはあんまり気持ちよくなかったけど、女の子が一生懸命にやってくれているっていうところに興奮しちゃって、最終的にはその拙いフェラでイクことができたよ。みんなもぜひ長崎の風俗で遊んでみて。